Swift2 でNSStreamを使ってソケット通信4(まとめ)

接続、受信、送信をソースコード付きで解説
諸事情によりソースは直接貼り付け

前回の記事
ソケット接続
データ送信
データ受信

2016年9月25日日曜日

Swift2 でNSStreamを使ってソケット通信3(データ受信編)

前回の続き
受信処理は不正?なデータが入ってきたり、分割して送られてきたりするのでひと手間必要になります。
この辺りはサーバプログラムと合わせて調整が必要かと。
入力ストリームのNSStreamEvent.HasBytesAvailableが発生するタイミングで受信処理を実行します。

2016年9月24日土曜日

Swift2 でNSStreamを使ってソケット通信2(データ送信編)

前回の続き
データ送信は送信可能になった時にデータを送るだけでいけます。
データ変換処理の情報が少ないからそこはちょっと手間取るかも。


2016年9月23日金曜日

Swift2 でNSStreamを使ってソケット通信1(接続まで)

ライブラリでsocket.ioとかStarscreamなんかもあるんだけどフォーマットが決まっているのでサーバ側の実装はこれっていう指定があると対応できないんですよね

2016年9月21日水曜日

Swift2でUIBarButtonItem作成

戻るボタンのカスタムは無理な模様
leftButtonを戻るボタンとして実装してボタン押下時のイベントを取得している

2016年9月12日月曜日

ThunderbirdのメールデータをWindowsOSとMacOSで共有する

BootCamp を使ってWindowsとMac 両方から参照・更新可能な領域にThunderbirdの設定とメールデータを入れる方法。
USBメモリに設定やメールデータを入れるみたいなこともできるはず。

2016年9月8日木曜日